大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > 逆子どうしたらいいの?

逆子どうしたらいいの?

こんにちは!

最近、妊婦のお客さんが
以前より多くご来院されています。

特に今回は
妊娠中のトラブル
「逆子」についてのお話です。

逆子のお客さんでよく聞くお話は

「検診で28周目ぐらいで逆子って言われました。
でも、お医者さんはそのうち治るよ。
30周ぐらいでも治らなかったら逆子の体操をしましょう。
と言われました。
30周すぎても治らなくて心配で来ました。」

ほとんどの皆さんがそう言います。
あなたはどう感じますか?

たしかに、28周ぐらいであれば
胎動もおおきく自然に治る方も多いです。

実際、逆子のまま出産を迎える妊婦さんは
全体の3~5%と言われています。

しかし!じゃあ何もしなくていい
そんなんじゃ時間がもったいない!

針灸で逆子の治療の効果が出やすいのは
28~30周目ぐらいから治療を始めたほうが
良い結果が生まれます。

私が逆子のお客さんに
始めにいうのは100%の治療ではないということ。

ですが、少しでも早めに
治療を開始すれば早くに改善して安心できるんです。

最初に書いたように30周目までやって
治らないから焦るのは実は遅いかもしれません。

逆子と言われたらまずは
相談をすることが大切です。

クリニックによって
逆子の考え方は様々あるので
不安であればまず当院にご相談ください。

大島はり灸整骨院

松本悠花

【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ