大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > へその緒のおはなし

へその緒のおはなし

こんにちは
大島はり灸整骨院の松本です。

今回は臍帯についてお話します。

臍帯とは
いわゆるへその緒のことです。

胎盤と胎児を繋ぐ管で
50~60cmほどの長さです。

臍帯には
1本の太い臍静脈と
2本の細い臍動脈が入っています。

太い臍静脈は
母体から胎児へ
栄養や新鮮な血液を運びます。

細い臍動脈は
胎児から母体へ
老廃物や二酸化炭素を含んだ
血液を運びます。

胎盤は大きな血液の塊で
約500~600gの重さがあります。

その胎盤から木の根のように
3本の血管が捻じれながら胎児と連絡します。

分娩後は3cmほど
赤ちゃんのお腹に残し
はさみで切断します。

赤ちゃんのお腹の臍帯は
出血しないようにクリップなどで
止めておきます。

そして産後7~14日で
自然に脱落します。

よくお母さんが桐の箱に
保存しておくのはこの脱落した部分です。

臍帯によって
赤ちゃんとお母さんは
繋がっています。

ですからお母さんは
できるだけ規則正しい生活と
バランスのとれた食事をしましょう。

そうすることで
赤ちゃんも健やかに
育つことでしょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。


【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ