大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > 海外での帝王切開事情

海外での帝王切開事情

こんにちは
大島はり灸整骨院の松本です。

まずはお知らせです。

10月1日より院名を
「大島はり灸院」へと変更することに
なりました!!

今後とも変わらず
妊娠中から産後までのケアを
トータルサポートしていく

「トータルマタニティケア専門院」として
誠心誠意に施術をしてまいりますので
どうぞよろしくお願いします。


-----------------------------

さて、今回は
「海外での帝王切開事情」です。

2015年に
WHO(世界保健機関)より
ある警鐘がありました。

「医学的に必要のない
帝王切開に対する警鐘です。」

というのも海外では
「プロポーションづくりのため」
「痛いのがいやだから」

という理由から
医学的に必要のない
帝王切開が増えています。


例えばお隣の国「中国」

統計によると2001年に20%の割合が
10年をたたずに2倍以上!!

2008年には46%だそうです。
中国都市部だと3分の2の割合の方が
帝王切開を選択します。

WHOの警鐘には
賛否両論沢山の意見があります。

例えば個人の自由なのだから
指図する必要はないのでは?などです。

出産に対する考えでは
各国沢山の考え方があります。

例えば日本では
痛みを耐えて産むことが
美徳とされる風潮があります。

近年では医療技術の進歩により
日本でも帝王切開の割合が増えており
5人に1人が帝王切開なのです。

といってもそのほとんどは
医学的に必要とされた方だけが
帝王切開を選択しています。

まあどちらにせよ
帝王切開でも自分のお腹に
傷をつけるわけですから

帝王切開でも自然分娩でも
お子さんの可愛さはかわらない
ということです。

大切なお子さんの為に
あなたはどんな選択をしますか?

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

大島はり灸院
松本悠花

【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ