大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > 生理中の不調とホルモンの関係性

生理中の不調とホルモンの関係性


こんにちは!
鍼灸師の鈴木綾子です。

先月から、休診日に
産婦人科の先生をお招きして
全社員で研修を行っています。


産婦人科の先生の
現場の声を聞きけるので

とにかく面白い!!


という事で、今回のテーマは
婦人科系のところから...


「生理痛 なんで痛いの?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生理の前後、
そして最中の、痛み。
辛いですよね。

しかも下腹部だけでなく
腰も痛いし、重い...。

なぜこのような
痛みが起きるのでしょうか。


生理とは

毎月、子宮の内側には
赤ちゃんを育てる為の膜が
用意されます。

その膜は血液を
たっぷりと含んだ
「子宮内膜」というものです

子宮内膜は
妊娠をしなかったときに
剥がれ落ちていきます。

子宮はギュッギュと収縮して
子宮内膜を体の外に出します。
その時、血液も一緒に出てきます。


これが生理です。
生理は、子宮が収縮して赤ちゃんを出す出産と
同じ仕組みなのです。


ところで、
子宮を収縮させるためには
「プロスタグランジン」という
ホルモンが血液中に出されます。


このホルモンは痛みを強める作用
もあるため「キリキリ」という
痛みを感じる様になります。


これが生理痛です。

このホルモンは子宮の収縮以外にも
・血管を収縮させる→冷え、重だるさの原因
・胃腸の働きを低下→吐き気、食欲低下の原因

様々な症状の原因となります。


また、生理中にある重だるい腰痛。
これは子宮の収縮によって
腰が引っ張られ二次的に起こります。


生理痛の主な原因は、
ホルモンによる子宮の収縮
なのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回も、最後までお読み頂き
ありがとうございます。

大島はり灸院
鈴木綾子


*思春期やの生理痛、何らかの疾患が
原因の場合は、上でご紹介した
内容とは異なる事もあります。

【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ