大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > 産後はいつから治療していいの?

産後はいつから治療していいの?

こんにちは!

大好きな金木犀の季節が
やってきました。


虫の声もするし、すっかり秋ですね。

あとは涼しくなってくれるのを
待つのみです!!

----------------------―

さて、今日のテーマは
「産後の治療、いつからしていいの?」です。


骨盤の歪みを気にされている方は
特に、治療のタイミングが大切です。


当院では
産後2ヶ月~3ヶ月が理想的
と考えています。


産褥期間(床上げ)は人それぞれですが
約一か月は母体の体力が回復するために
必要だと言われています。


悪露ができって、子宮周辺が
落ち着くことがまず大切です。


また、妊娠・出産直後は骨盤をゆるませる
「リラキシン」というホルモンが出ています。


このホルモンは
出産後は徐々に減っていきます。


減っていく期間は所説ありますが、
ホルモンの減少と育児の負荷と考えると


産後6ヶ月までに治療を開始するのを
お薦めします。


それ以上たつと
日々の体の使い方によって
骨盤周囲の筋肉の硬さが増し

歪みの調節に時間がかかる
ことがあるからです。

-----------------

産後は周りのサポートが特に必要な時期です。


体のことも、育児のことも
一人で悩まず是非相談をしてくださいね。


本日も最後までお読み頂いて
ありがとうございました。

大島はり灸院
鈴木綾子


【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ