大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > 顎関節症(がくかんせつしょう)は「あご」の問題?

顎関節症(がくかんせつしょう)は「あご」の問題?

こんにちは!


紅葉の季節ですね。


イチョウの紅葉をみると
中学時代を思い出す鍼灸師の鈴木です。


皆さんも、思い出がセットになっている
景色はありませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今日は「顎関節症」がテーマです。


当院に通われているお客さんでも食いしばり、歯ぎしり、
などで顎に疲れを感じている人はとても多いです。


顎に辛さを感じている人の多くは
首肩コリでも悩んでいます。


顎は首肩の筋肉がつながっているので
首肩の筋肉が緊張することで
顎にも負担
がかかってくるんですね。


日々のパソコン作業やスマホを操作する
前かがみの姿勢
は首肩のみならず
顎にも大きく影響しています。


また、人はストレスを感じると
歯の食いしばりも強くなる
ので
更に顎への負担が増してきます。


ということで、
近年は、顎(あご)に痛みや問題を抱えている人が
激増しています。

みなさんは、
歯ぎしり、食いしばりに加えて

①顎が痛い
②口が開けにくい
③顎が鳴る
④かみ合わせが悪い
⑤口を閉じることができない


こんな症状はありませんでしょうか。


当てはまる方は
顎関節症になっている可能性が高いです。


顎関節症になると、
頭痛や目の疲れなど他の症状にもつながりやすくなります。


鍼灸治療は効果が高いですので
早めに治療をお勧めします。


本日も最後までお読みいただきまして
ありがとうございます!


大島はり灸院
鈴木綾子


【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ