大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > 【症例報告】逆子②

【症例報告】逆子②


【患者像】
A.Iさん 30代 女性

【来院】
 2017,1,11 

【症状】
主訴:逆子
妊娠31週逆子で初来院。初来院をされる前に逆子体操を行ったが治らず、今回が二人目妊娠で上の子の子育てもありなんとか治したいという強い思いの元初めての鍼灸治療に挑戦。

【治療経過と内容】
治療方針
下肢を温め血液循環を良くし、またお腹の張りを取り、骨盤を整えることで胎児が回転しやすい状態を作り上げる。治療を行っていく中で、体の状態も良くなり胎動も多くなる。結果5回目の治療を終え検診を受け逆子が治っていた。

【同時に治療した症状】
上半身の筋緊張

【使用した主なツボ】
至陰、太谿、太衝、足三里、肝兪、代替内側部の阿是穴、

【考察】
逆子患者さんの共通事項として足の冷えが上げられる。母体の足が冷えていたことにより胎児が生命で一番大事な頭(脳)を守ろうとして逆子になったことが推察される。(冷え=生命の危機)そのため足の血液循環を良くし、また胎児が回転しやすいように体を整えたことが良い結果に繋がったと考える。


【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ