大島はり灸院 HOME > 症状別日記 > 妊娠中からの骨盤ケアの重要性

妊娠中からの骨盤ケアの重要性

こんちには!

大島はり灸院の鈴木です。

今日は骨盤の役割がテーマです。
女性にとって骨盤の状態は妊娠・出産・産後に影響します。


まず、今日は妊娠準備のための骨盤の役割についてお話をしていきます。


まず大前提として妊娠に至るまでは、
「排卵を伴う月経がある」ことが必要です。


月経の時に働く体の器官は「子宮、卵巣」です。


骨盤は子宮や卵巣を納めている場所ですので
月経、そして妊娠準備に大きな関係があるのです。


具体的にお話をすると、骨盤のお尻側に位置する「仙骨」からは
子宮や卵巣に向かって血管・神経が出ています


また、子宮は骨盤の前後左右に靭帯で繋がっています


この様に見ていくと骨盤は子宮・卵巣のお家とも言えます


大切なお家が傾いていたら、安心して室内で子供は育てられませんよね。


骨盤を整えることは、妊娠準備のためにとても大切なのです。

次回は~妊娠編~をお伝えしていきます。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます!


大島はり灸院
鈴木綾子


【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ