【適応症状】 肩こり

肩こり

【1】 当院の治療方法

首肩周りは首や肩を自在に可動させるための沢山の筋肉が存在しています。その一つ一つは薄く細いものが多く、且つ伸縮性を求められるので、いざ痛めてしまいますと首肩の運動に支障をきたします。
当院では通常の手技療法のみならず、はりやお灸、O2オイルトリートメント、活法など豊富なメニューがあり、早期回復に寄与します。

【2】 原因

肩周りの筋肉は首を支えたり上肢を吊り下げたりするために必要な筋肉です。人の頭部は意外に重いもので、前のめりの姿勢は首周りの筋肉に緊張を与え続けます。併せて肩も前方に落ち込み丸く縮まり、背中も含めて上肢を支える筋肉群は緊張を強いられてしまいます。さらにストレスなどを抱える方は本能的に自己防衛反応が働き首周りを守ろうとして筋肉が緊張します。パソコンのような目を使う仕事も目線を固定させるために肩に力が入ります。このように肩周りを緊張させる要因は数多く存在します。

筋肉が緊張すると、筋肉内部の圧力が高まり、筋肉の中を走行する血管が押しつぶされます。それにより、血液の流れが悪くなって、筋肉に酸素が運ばれなくなります。

筋肉は第二の心臓と呼ばれており、血液がたくさん流れており、血液は酸素と糖を筋肉に運んでいます。しかし、筋肉の緊張によって血流が悪くなると、筋肉に酸素が運ばれにくくなります。すると、炭酸ガスや乳酸が運び出されなくなって、筋肉の中にたまってしまいます。その結果、筋肉の神経が刺激されて、痛みが起こります。痛みは筋肉の緊張を引き起こし、血液の流れをさらに悪くするという悪循環を引き起こします。

筋肉の緊張が慢性的に続くと、酸素不足と乳酸のよどみが刺激となって、炎症が起こり硬い繊維性の組織になってきます。

ここまでくると、筋肉にしこりや痛みを感じるようになります。ここまでこじれると、もとの柔らかい筋肉を取り戻すのは困難になります。こうならないためにも日々の予防が大切です。

こりが起きやすい人にはしばしば、猫背でなで肩、冷え性で神経質、運動不足という傾向が見られます。姿勢が良くないと、筋肉に余計な負担をかけて疲労が蓄積しやすくなります。なで方や運動不足の人などは、筋肉の量が少ないので、筋肉が疲れやすい傾向にあります。

体が冷えると、血管が収縮して血液の流れが悪くなり、疲労物質が蓄積しやすくなります。精神的な緊張は、自律神経の一つである交感神経を刺激して血管を収縮させて、こりを引き起こします。

【3】 肩こりの症状

肩こりは程度により、3段階に分けられます。

軽症
筋肉の収縮が軽い場合にこりを感じます。

中症
筋肉の収縮が強い場合、肩に痛みを感じます。

重症
筋肉の収縮がさらに強い場合、緊張性頭痛を起こすことがあります。

軽症と思われる方も、現在と同じような生活を続けているとやがては中症、重症へと移行することがあります。

【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ