大島はり灸院 HOME > 椎間板ヘルニア

【適応症状】 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

【1】 当院の治療方法

椎間板組織の大きく突出したものは保存療法の適応外になることを念頭に置いて治療に臨みます。検査においてヘルニアの疑いがある場合にはお客さんに病院でMRIをとってもらうようにします。
治療としては脊椎間部の筋肉の緊張を取り除くことを主眼とします。また体幹を支える筋群も脊椎間の緊張に関係してきますのであわせてアプローチしていきます。アプローチの方法としては鍼やストレッチ療法などで深部筋群を緩めていきます。

【2】 原因

椎間板ヘルニアは、脊椎と脊椎の間にある椎間板組織が飛び出した状態をいいます。 この椎間板ヘルニアが腰椎で発生し、後を走る神経を圧迫することで坐骨神経痛が起こります。腰椎とは、背骨を構成する小さい骨のことです。椎間板は、その腰椎同士の間にあり、クッションのような役割を担っている軟骨の組織です。加齢によって椎間板の組織に亀裂が入り、内側の髄核という組織が移動したり、飛び出したりして椎間板ヘルニアが起こります。飛び出した椎間板は神経を圧迫することで、神経に炎症や血流障害を引き起こし、お尻から足の裏側にかけてしびれや痛みが起こります。

椎間板ヘルニアはどの年齢の方でも起こりますが、スポーツ選手など腰に負担をかけている方に多く見られる疾患です。 椎間板ヘルニアは首(頚椎)にも起こりますが、最も多いのは腰(腰椎)であり、中でも腰椎4番と腰椎5番、腰椎5番と仙椎の間によくみられます。

【3】 症状

椎間板ヘルニアという言葉は良く知られており、一般の方でもちょっと腰が痛いと椎間板ヘルニアが原因ではないかと考えられる人もいます。しかし、椎間板ヘルニアを原因とする症状は、腰というよりもお尻、足にかけてのしびれ、痛みが特徴的です。
ちょっとした姿勢の変化でも痛みが出たりし、痛みが激しい場合には動けないという状態もあります。また、寝ていても痛くなったりすることがあります。
逆に、ヘルニアはあっても、神経に炎症や血流の障害がないときは、痛みやしびれなどの症状が出ない場合もあります。
痛みを和らげるためには、安静が第一です。腰に負担をかけないような姿勢をとり、重い荷物などは持たないようにします。

【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ