【施術について】 鍼灸治療

▼ 鍼灸治療とは

鍼灸治療とは、中国で生まれた治療方法であり、中国の伝統療法として日本でも普及しています。

基本的な考え方としては、中国の医学に基づき、体・精神・生命はつながっており、これらは気・血・水の作用により成り立っていると考えられています。

現在、日本で一般的となっている西洋医学は対症療法的な側面を持つのに対し、東洋医学として知られる鍼灸治療は、体の根本を良くしていくという発想があります。また、鍼灸治療は、人間の体が本来持っている自然治癒力を使った治療であることも西洋医学との大きな違いです。
このほか、西洋医学は科学的実験に基づき治療方法が確立されているのに対し、東洋医学ではそのような客観的なデータに寄らずに効果を挙げているというのも特徴です。

なお、現在、日本で鍼灸治療が行えるのは、国家資格である「はり師」、「きゅう師」を取得している者に限られています。

▼ 鍼治療の効果

人間の体は異物が体内に入ると、異物を体の外に出そうと防衛反応が起こります。
鍼は異物と体は感じるため、このメカニズムが働き、鍼治療は免疫力を上げるといわれています。

凝り固まった筋肉に鍼を刺すことにより、異物が入ったと脳が反応して、必要なホルモンを出したり、緊張をしている筋肉を緩めたり、免疫反応を出して本来の自然治癒力を出してきます。筋肉の緊張が取れると、血液循環がよくなり体温上昇し、体内の細胞に酸素が行き渡り、体内の老廃物が排出されます。そして、新陳代謝が上がることで、疲労感や痛みが軽減し、消失します。

鍼治療後にだるくなることはありますが、これは鍼治療により体の中が反応したからです。
これは「好転反応」または「瞑眩(めいげん)反応」といわれるものです。
薬の副作用とは違い、自分の体内の中にあるものが反応していることで、体に負担がかかりません。

鍼治療に反応したということです。

鍼治療の効果は肩こり、腰痛、坐骨神経痛、膝痛、テニス肘など筋肉や関節の痛みまた、風邪、アトピーなどのアレルギー疾患、不妊症、自律神経系の疾患などの内臓や神経、ホルモン分泌に働きかけます。
また、自律神経由来の不定愁訴といわれる原因不明の体の不調にも効果を上げています。

▼ お灸の効果

東洋医学では体の不調や病気は、冷えが原因とされてきました。お灸は体のつぼを温熱で刺激して経絡をとおして体の表面から内臓 器官に働きかけて、血液、リンパの巡りを良くし、人の持っている自然治癒力を高めます。

筋肉の緊張を緩め、乳酸などのこりの原因となる疲労物質を取り除いたり新陳代謝を高め、自律神経とバランスを整えます。

経絡をとおして体の表面から内臓 器官に働きかけて、その機能を高める

鎮静作用
痛みや痙攣のように異常に機能が興奮している時に鎮静させる作用があります。

興奮作用
知覚が鈍くなっていたり、内臓機能低下に対して興奮させる作用があります。

誘導作用
局所の血行障害に対し、血流を健康部から誘導する、又はちらしたりして患部の血液量を調整します。

お灸の中にチネオールという精油(アロマテラピー効果)があり、白血球を増加させ、自己免疫力を上げる防衛作用があります。
その他 殺菌作用、消炎作用 自律神経系の疾患 アレルギー体質を改善する転調作用などがあります。

▼ 鍼灸治療に関するよくある質問

鍼は痛くないの?

 日本鍼の太さは0.16~0.26ぐらいで、髪の毛ぐらいの細い鍼を使い、鍼管という筒状に鍼を入れて行います。鍼先は皮膚に入り易い形になっています。絶対痛くないとは言えませんが、たまにチクっとするぐらいです。思っているほど痛みは無いと思います。

鍼はきれいなの?

 現在はディスポーサブル(使い捨て)の鍼を使っています。エチレンオキサイドガスで完全滅菌されていますので、とても安心です。

鍼を刺して血が出ることはないの?

 めったには出血することはありません。まれに血管にあたり出血することがありますが、すぐに血は止まります。

鍼治療の前後に運動をしたり、お酒を飲んでも大丈夫?

 治療前の飲酒は避けて下さい。運動、食事は30分ぐらい前に済ませてください。治療後は30分から1時間は安静をお勧めします。
その後の運動、お風呂、アルコールも大丈夫ですが、疲れやすい方 痛みが強い方はアルコール、お風呂、運動など、急激な血液循環量が上がると 痛みを誘発することがありますので、避けてください。

子供でも鍼治療はできるの?

 赤ちゃんから鍼治療は出来ます。皮膚に刺さない小児鍼もあります。幼児でも、体質改善を目的に治療をされていたお客さんは沢山おります。うちの子供たちは、赤ちゃんの頃から鍼治療を受けています。

鍼はどれくらいの太さですか?

 当院で扱っているのは、全て使い捨てで髪の毛ぐらい細いものです。

鍼だけで治りますか?

 当院では鍼治療に手技療法や各種補助療法を加えることによって、最大限の治療効果を得ています。

治療前に食事しても大丈夫ですか?
治療後に運動やお風呂は大丈夫ですか?

 治療の前後30分はひかえてください。

どんな服装で行ったら良いですか?

 脱ぎ着がしやすく、リラックスしやすい服がよろしいかと思います。(短パンの貸し出しもご用意しております)

子供と一緒でも大丈夫ですか?

 ベッドの横に椅子をご用意できます。待合室は絵本もご用意しております。

妊娠中でも鍼治療はできますか?

 つわり、逆子、妊娠による腰痛などの治療もしています。妊婦さんも通院していますのでご安心ください。

鍼ってどの位の深さまで刺すのですか?

 深さは刺鍼部位によっても異なりますが、当院では100%国家資格取得者が施術を担当しておりますので、決して危険なところに深く刺したりはしないため、医療事故などの心配は全くありません。

【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ