【施術について】 整体

▼ 整体について

「身体を休めても疲れが取れにくい」「マッサージをして楽になってもまたコリが戻る」ことはありませんか?心当たりがある方は、背骨、骨盤や関節に歪みやねじれがあるのかもしれません。身体にひどい痛みやコリがなくても、誰でも筋肉の疲労や骨格のズレや歪みはあるものだと言われます。

マッサージや鍼で、筋肉を緩め血流を良くし、痛みを楽にすることは出来ます。しかし体の土台である骨盤や背骨の歪みがあると、せっかく緩んだ筋肉も、引っ張られたり圧迫されたりしてまた硬くなり、血流が悪くなり、痛みの起こりやすい状態になってしまいます。そのために肩こりがなかなか治らなかったり、マッサージもその場限りになってしまうのです。

また、筋肉の症状だけでなく背骨の歪みによって背骨から出ている自律神経が乱れ、胃や肝臓などの内臓の働きが悪くなったり、ホルモンバランスが乱れる原因にもなります。骨盤が歪むことにより血流が悪くなり、不妊症や冷え性、生理痛、生理不順、便秘などの骨盤の中にある臓器の症状が出てくることもあります。それらの症状を予防するという意味でも、背骨や骨盤を整えるということは非常に大事なことです。

当院では、鍼や手技などで筋肉を緩め、骨が動きやすい状態から整体を行なっています。筋肉を緩めて痛みをとった上で、大元である骨格の矯正を行うことで症状の改善と根本の治療を同時に行なっていきます。
骨格が歪む原因は、足を組む癖や姿勢の悪さ、片方にカバンをかけるなど、普段の生活の中での身体の使い方の癖にあるため、意識をして改善していくと、さらに効果が高まります。

▼ 整体は痛いもの?

整体とは人間の骨格や関節に働きかけて、正常な(整った)状態に持っていくという手技ですが、いきなり骨格や、関節に働きかけてくるわけではありません。骨格が歪んでしまうと、その骨の周りの筋肉も歪んでしまい、歪んだ状態であれば、筋肉は固まってしまいます。まずその凝りをほぐして、骨格の周りの筋肉を緩めて、初めて骨格に働きかけるので、無痛、あるいは、あっても痛気持ちいいくらいです。

▼ 整体の種類

横山式筋二点療法
全身の筋肉(靱帯・筋膜)は硬くなると、揉んでもさすっても、また叩いても、引っ張っても中々緩みません。ところが、このように異常に凝り固まって痛む筋肉(靱帯・筋膜)を片手でタッチしながら、同時に、これと関連する筋肉(靱帯・筋膜)の特定部を、もう一方の手指で押圧すると、凝り固まっていた痛む筋肉(靱帯・筋膜)が瞬時に緩み、同時に痛みも消える原理を、鍼灸院の院長でもあった横山紗弥(桂子改め)が昭和60年に発見し、更に研究を進めて発展させ、治療法として確立したのが「横山式筋二点療法」です。
筋肉(靱帯・筋膜)とその反射筋肉(靱帯・筋膜)の二点を、両手の手指で、同時につなぐ形で刺激して治療するところから命名したものです。

操体法
「操体」とは、立って動き回る人間にとって基本的な人体の構造と仕組みとしての骨格と筋肉のかかわり(運動系)を、その成り立ちの根本に着目して誤りなく体をあやつり、動かすことを総称した表現です。単なる運動とか体操とは違い、二足歩行動物としての人間にとって最も自然な身体の動きと、不自然な動きによって起きる体の歪みを見きわめ、歪みのない体を保つことが操体です。操体の中で、全身から各指先の細部におよぶ具体的で体系的な体の動かし方を「操体法」とよびます。

アジャスト
アジャストとは、神経に悪い影響を与えていると考えられる脊椎、あるいは四肢の骨を矯正する方法です。

【住所】 〒136-0072 東京都江東区大島3-32-12

大島はり灸院地図

大島駅 徒歩3分(A2出口より)
西大島駅 徒歩5分(A3出口より)
【TEL】
03-3638-4042

メールお問い合わせ